こんばんは☆
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山﨑真弓です。


「うちの子は何度言っても片づけをしない(-_-;)」とお悩みのママさん向けセミナーでやっていただくワークがあります。


「これらを形別に分けて、定位置(ジップロック)に戻してください」というワーク。




だいたいの方が


「量が多すぎる‼️」



「疲れる(T-T)」




「もうイヤ…」



「面倒くさくなってきた…」



「量を減らしたら早いのに」



「多すぎて気が散る」





と言うようなご感想を漏らします(笑)



これだけの量を仕分けて戻すのに、10分もかかります。



イヤになるのは当たり前ですよね^^;



このワークの目的は「あなたのお子さんの片づけの大変さを体感すること」



大人でも片づけるのが大変な大量のおもちゃを、「これはカゴの中に」「それはあっちの引き出しに」「それは箱の中に」と、片づけさせていませんか?




↑のご感想(ご不満?笑)は、お子さんの考えていること。



大人がおもちゃを与え過ぎているから、お子さんは片づけが大変なんだよ。



ということを体感していただきたいのです。





次のワークでは、「では、どのくらいの量だったら、戻しやすいですか?」とおたずねします。




すると、10分の1の量に減らす方がほとんど。



『物が多過ぎると、お片づけが大変』



ということを、身をもってご理解いただけます(^-^)



まだ小さいお子さんなら尚更のこと、その大量のおもちゃは全部大人が買い与えた物ですよね?



物をもらわない・買わないように管理できるのは、親であるあなたです。



おじいちゃんやおばあちゃんに「孫におもちゃを与え過ぎないでね」と忠告できるのも、あなたです。



物の大切さもお片づけも、お子さんに教えてあげられるのは親であるあなたです。



以上、
今日もご覧いただきましてありがとうございました!
スポンサーサイト
片づけ | コメント(0)
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山﨑真弓です。


『6/2(金)開催! 親・子の片づけインストラクター2級認定講座のお知らせ』
http://yamazakimayumi10.blog.fc2.com/blog-entry-191.html?sp



帰宅後のバッグの定位置はココ。スツールです。




スツールに置いて壁に立てかけてると倒れない。


私の帰宅後の動線上に配置したので、迷うことなくポンと乗せられます。


とりあえずダイニングチェアに置くと、その後 何をするにも邪魔になり、結局また移動しなくてはならないのでやめました。



毎日使うモノだからこそ、定位置があるとラク。


行動動線が変わらない限り、しばらくココに定着です。



今日もご覧いただきありがとうございました〜♪
片づけ | コメント(0)

【片づけたい理由って?】

2017/04/15 Sat 12:42

こんにちは。
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター

山﨑真弓です✧





こちら
私の寝室の枕元からリビングダイニングを見た景色です。



朝起きて、最初に目にする景色がすっきりしていると私の気持ちが良いから、寝る前には片づける。





“片づけなきゃ”とか


“片づけなければいけない” とは思わない。


“片づけてすっきりした状態が気持ち良いので片づける”だけ。



“生活しているので散らかるのは当たり前”だし



散らかさない生活をしたいワケでもない。




ちなみに私以外の家族は


“ごちゃごちゃしていても心地よい”


“床に物があっても、テーブルの上が散らかっていても全く気にしない”価値観なので、私からは片づけを無理強いしません。笑





ただ、“共有スペースの床には物を置かない”というルールはあります。




1人暮らしじゃないので、家族それぞれの片づけに対する価値観を擦り合わせるのは大事です(^-^)





片づけ | コメント(0)

【バッグの定位置は床⁈】

2017/02/05 Sun 13:40

こんにちは。
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山崎真弓です。


私の部屋、帰宅した後のバッグが床に置きっぱなし。



先日 家具の配置替えをして、バッグの定位置も決めました。
(写真の↑が指している所)


しかし、その定位置に戻せたのは、一度だけ(ToT)


なぜ戻せないのか?

実際に生活してみて気付いたことは…


↓↓↓↓↓

動線上、戻しやすい場所のはずなのに、棚の最下段は置きにくいというか、箱の中には入れにくい。


バッグが重いから最下段を定位置にしたのに、そこに置く気にならない。


かといって、荷物が重くて持ち上げたくないので上段も棚の上もNG。


区切られた場所にバッグを収めるのが苦手。



バッグに関しては、フックにかける収納は面倒だし革が傷むのでイヤ。



帰宅したバッグはリビングでも自分の部屋でも使うので、収納の中にしまいこみたくない。


リビングと自分の部屋の中間地点の為、この写真の位置に置きやすい。




↑↑↑↑↑
というのが、今のところの状況。


このまま床に置きたいところですが、

床は埃が溜まりやすいし、モノを置いたことで埃の吹き溜まりを作ってしまうし、お掃除のたびに移動しなければならないし………、他に定位置みつけます。笑



子どものランドセルの定位置を決める時も、“収納グッズや家具ありき”ではなくて、“子どもが置きやすい”場所や理由を探してみることをオススメします。


ランドセルの定位置は6年間のうちに何度か変わります。


成長や環境の変化に伴い、置きやすい場所や好みも変わるのです。



親の価値観で決めた“シンプルでキレイでキチンと整頓できる収納”が、子どもに合っているとは限りません。


「定位置を決めたのに、ウチの子はどうして戻さないんだろう( ̄^ ̄)」


という疑問が出たら、実は改善のチャンスです。



理由を聞いてみましょう。





…私のバッグの定位置から、そんなことを考えさせられた日曜日の午後でした♪




親・子の片づけインストラクター入門講座のお知らせ







片づけ | コメント(0)
こんばんは。
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山崎真弓です。


「片づけなさい‼︎って言っても片づけない。最近は物を隠すようになって困る!どうしたらいいの?」しばらく前になりますが、ママ友からの相談です。


この方、言っちゃいけないことを言ってました。


「それもう使ってないんじゃないの?捨てたら?」


「ほら、いい加減に片づけしなさい‼︎今すぐ片づけないと全部捨てるよ‼︎(鬼の形相で)」


「あー、◯◯?何回言っても片づけないから捨てた。だから片づけなさいって言ってたじゃないの。」


これダメーーー‼︎

ぜったいダメーーー‼︎



言われたお子さんに話を聞いてみると…



「ぜんぶ捨てたくないんだよ。お片づけが嫌い。お片づけの事になるとママが怖い。」


「ママに見つかると捨てられるから、大事な物は隠してるの」



…………仲良し親子なのに、片づけの事になるとバトル。悲しいです。


【私の大事にしている物の価値を、ママは分かってくれない】


そう思われてしまったママ。




勝手に物を捨てられたら悲しいよね。

しつけのつもりかもしれないけど、それ脅しだよね。


子どもはあなたの“もの”じゃないよね。



子どものためを思って しているつもりでも、子どもを傷つけている場合があります。



自分がされてイヤなことは相手にもしないこと。


まずはそこから。




お申し込み受付中
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
親・子の片づけインストラクター2級認定講座

2016/12/1(木)10:00〜16:00
@東京エレクトロンホール宮城
詳細はこちらから→
☆☆☆


全国の認定講座スケジュールはこちらから→
☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







片づけ | コメント(0)
 | HOME | Next »