スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
こんばんは。
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山﨑真弓です。


わが子の片づけ…悩みますよね。

「何度言っても片づけてくれない」
「リビングにおもちゃを散らかしっぱなし」
「叱るのに疲れたから、よくないコトだと分かっているけど私が片づけている。」


毎日同じことの繰り返しでイライラするし、叱ってばかりの自分がイヤになる。

こんなにも悩んでいるのに、そんな私を家族が全く理解してくれていないことに、ますます悩むわけです。


家の中で自分だけがイライラしながら空回りしている気がしませんか?


誰にも分かってもらえない虚しさ、子どもを叱り過ぎては寝顔を見て反省する毎日。。

家の中では泣きたくても泣けないくらい強い立ち位置になってしまった自分。


……こんなはずじゃなかったのに。もっと笑顔のママでいたいのに。一人暮らしの時は整理収納が得意だったのに…




私たち親・子の片づけマスターインストラクターは、そんな皆さまと同じ悩みを持っていました。
家族内でのコミュニケーションに関しては、今でも悩みながら試行錯誤を繰り返しています。


だからこそ、同じ悩みを抱えるママさんの想いに深く共感して、解決策をお伝えできるのです。



誰にも相談できなかったというママさん、ぜひ私たちに悩みを打ち明けてください。
片づけだけでなく、人間力を学べる講座です。


全国各地の認定講師が‘親・子の片づけインストラクター2級認定講座’を開催中です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

全国の認定講座スケジュールはこちらから→
☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




スポンサーサイト
親・子の片づけ教育研究所 | コメント(0)
おはようございます。
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山崎真弓です。

「物を捨てられないのが悩みです。だから片付かないんですよね?」

というご相談をよくいただきます。


違います。(厳密にいうと、足の踏み場もない状態であれば、物を捨てなくてはいけない場合もありますが。)




片づけ=物を捨てること


と思いがちですよね。違います。



捨てなきゃ片づかないと思っている方に、私がお伝えしているのはコチラです。


『物をむやみに 持ち込まないこと』


物を捨てられなくて片づかないと悩んでいるのに、新たに物をたくさん持ち込んで増やすから片づかないのです。


まずは家にある物で日常生活を送ってみてください。

‘物がこんなにある。足りる’ことに気が付くはず。


物を買っては溜め込んで、それらを捨てられないから片付かない…でもまた買い込む…溜まる…たまに全捨て…また買い込む…溜まる…全捨て…


物にもお財布にも環境にも、なにより自分にも優しくないですね。




普段から物を簡単に‘捨てている’方は、
物を簡単に‘持ち込んでいる’ことに気がつくかもしれません。

以前の私がそうでした。



これからも『捨てるから始めない片づけ』推しでいきます。


あ、これはあくまで家庭の片づけについて、です。


職場の片づけには『まず不要な物は捨てる』ことを推す場合が多いです。
なぜなら、不要な物を持つことは会社の損失であり、職場の物に「捨てられない…」「思い出が…」「みんなで頑張った案件の書類だから」という感情は不要だからです。



今日もご訪問いただきありがとうございました!




お申し込み受付中
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
親・子の片づけインストラクター2級認定講座

まだ間に合います‼︎
2016/9/27(火)10:00〜16:00
@東京エレクトロンホール宮城
詳細はこちらから→
☆☆☆


全国の認定講座スケジュールはこちらから→
☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
片づけ | コメント(0)
こんにちは。
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山﨑真弓です。

昨日は 仙台泉倫理法人会さまでモーニングセミナー講師をさせていただきました。


「家の中にあるモノの場所は、妻しか分からない」

「妻がモノの住所をコロコロ変えるので、あるはずの場所にモノがない。正直困っている。」


「探しモノをしても見つからないので、いちいち妻に聞く」


などなど、男性から貴重なお悩みをいただきました。



はい、私たち妻の責任が大きいのですね。


モノの住所は家族で共有しましょう。

ラベルを貼って示すのもヨシ、口頭で伝えるのもヨシ。


でもなるべくならば、家族で話し合って モノの住所を決めましょう。

なぜなら、
『出し入れしやすい場所』は家族それぞれに違うから。

折り合いをつけて決めましょう✧



すると、探し物のたびに いちいち呼ばれないようになりますよ(笑)


今日も読んでいただきましてありがとうございました(*´˘`*)


お申し込み受付中
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
親・子の片づけインストラクター2級認定講座

2016/9/27(火)10:00〜16:00
@東京エレクトロンホール宮城
詳細はこちらから→
☆☆☆


全国の認定講座スケジュールはこちらから→
☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
整理収納 | コメント(0)
「子どもがいると片付かない」「子どもが片づけをしない」とお悩みのママさん。


子どもが片づけない衝撃の原因を知って、解決法を学びませんか?

今後も増え続けるお子さんの物に対して、整理収納の知識が役立ちます。

来週27(火)の講座お申し込みにまだ間に合います(*´˘`*)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
親・子の片づけインストラクター2級認定講座

2016/9/27(火)10:00〜16:00
@東京エレクトロンホール宮城
詳細はこちらから→
☆☆☆


全国の認定講座スケジュールはこちらから→
☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
親・子の片づけインストラクター2級認定講座 | コメント(0)
こんばんは。
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山﨑真弓です。

実家を出る時に処分したはずの写真がまだ残っていました。
しかもアルバムではなくて箱の中に大量に…^^;

ブレたりダブッていたり、どこの風景か分からないものばかり。
ほとんどがいらない写真でしたので205枚中200枚を処分!





『ムダに写真をプリントしたばっかりに、のちのちの整理がこんなに大変になるなんて……( ̄▽ ̄)』

そう痛感しています。



当時はいちいちプリントしていたので、整理が大変です。
今は そもそも写真をムダに撮らないようにしたり、撮ってもすぐに削除したり、気に入った物だけをバックアップしたり、プリントするようにしています。


今日もご訪問いただきありがとうございました♪




お申し込み受付中
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
親・子の片づけインストラクター2級認定講座

2016/9/27(火)10:00〜16:00
@東京エレクトロンホール宮城
詳細はこちらから→
☆☆☆


全国の認定講座スケジュールはこちらから→
☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
整理収納 | コメント(0)
こんにちは。
親・子の片づけマスターインストラクター
整理収納アドバイザー
山崎真弓です。

私が担当する『親・子の片づけインストラクター2級認定講座』、次回開催は9/27(火)です(^-^)



「お家が片づく仕組み作り」と「お子さんへの関わり方」をお伝えいたします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
親・子の片づけインストラクター2級認定講座

2016/9/27(火)10:00〜16:00
@東京エレクトロンホール宮城
詳細はこちらから→
☆☆☆


全国の認定講座スケジュールはこちらから→
☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
親・子の片づけインストラクター2級認定講座 | コメント(0)
こんにちは。
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山崎真弓です。


わが家のキッチン収納を1カ月前に見直して、整理収納した直後の写真がコチラ




今朝の写真がコチラ

20160915112516989.jpeg


定位置ではなく ついつい空いている場所に物を置く、引き出しを開けたいのに誰かが置いた椅子が邪魔(笑)、とにかく突っ込む人、ジップロック干しっぱし、資源ゴミがバケツいっぱい紙袋いっぱい…


わが家の日常はこんな感じです。いや、これは序の口。

いつも整頓された写真ばかりアップするのですが、毎日家族と生活するってこういうこと。


いつもは緊張感なくまぁまぁでOK。
でも
サッと片づければ、最初の状態に戻る。


そのくらいのユルいルールが、家族みんなが心地よく暮らしていくコツ。


・散らかさないようにいちいち整頓しながらピリピリ生活するのではなく、すぐに戻せるように整理収納しておくこと。

・物は管理できる量だけを持つこと。


それがモットーです!


今日は
『せっかく整理したのにどうして毎日整理整頓できないんだろう…どうして綺麗な状態をキープできないんだろう…どうして憧れのブロガーさんみたいに整理収納できないんだろう…どうして片づけられないんだろう…T_T』
とご自分を責めて悩み続ける方に向けて書きました。




お申し込み受付中
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
親・子の片づけインストラクター2級認定講座

2016/9/27(火)10:00〜16:00
@東京エレクトロンホール宮城
詳細はこちらから→
☆☆☆


全国の認定講座スケジュールはこちらから→
☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
片づけ | コメント(0)
こんにちは。
親・子の片づけマスターインストラクター
整理収納アドバイザー
山崎真弓です。


私、娘に対しての関わり方は、試行錯誤を繰り返しながら今のところは上手くいっています。

しかし、夫の片づけに対しては、「散らかさない人」にしようとしていたと気付きました。

例えば、‘片づけながら調理する’とか、‘こまめに片づける’とかする人になって欲しかった。

反省しています。

片づけのやり方は人それぞれですし、生活していれば散らかるのは当たり前です。

なのにね、どうして夫には厳しいのでしょうね〜(笑)



この反省を生かして、子どもを「散らかさない人」に育てるようなことはいたしません(キッパリ)


その内容は、親・子の片づけインストラクター2級認定講座でお伝えしています✧




お申し込み受付中
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
親・子の片づけインストラクター2級認定講座

2016/9/27(火)10:00〜16:00
@東京エレクトロンホール宮城
詳細はこちらから→
☆☆☆


全国の認定講座スケジュールはこちらから→
☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


親・子の片づけインストラクター2級認定講座 | コメント(0)

・あなたが子どもの頃、お母さんにそう言われてイヤな思いをしませんでしたか?


・お母さんになった現在、お子さんに同じことを言っていませんか?

「何度叱っても片づけてくれないんだもの!どうしたらいいのか…」本気で悩んでいませんか?



…そのお悩みは全国の【親・子の片づけマスターインストラクター】が解決します。



こんばんは☆
親・子の片づけマスターインストラクター
山﨑真弓です。


子どもは散らかします。生活していれば散らかるのは当たり前です。物を散らかさずに遊び、ちょっと使うたびにいちいち整理整頓する子ども…心配になりません?子どもには大いに散らかしてもらいましょう(*´˘`*)

…じゃあどうやったら片づけてくれるの?疑問ですよね。


子どもの片づけを習慣化するためにはさまざまなコツがあります。

それは
【子どもが片づけやすい仕組み作り】だったり

【コミュニケーション】だったり。


目から鱗の内容を講座でお伝えします。


お悩みを解決してください。
もうイライラしないでください。
お子さんもお母さんも、片づけのコトでイヤな思いをしないでください。
切なる願いです。


全国各地に講師(マスターインストラクター)がいます。


お申し込み受付中
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
親・子の片づけインストラクター2級認定講座

2016/9/27(火)10:00〜16:00
@東京エレクトロンホール宮城
詳細はこちらから→
☆☆☆


全国の認定講座スケジュールはこちらから→
☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
親・子の片づけインストラクター2級認定講座 | コメント(0)
こんばんは。
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山崎真弓です。

20160907203622ca6.jpeg

お子さんのドリル帳が学校から戻ってきた頃かと思います。

「子どものドリル帳はいつまで取っておくものですか?」
とご質問をいただきました。

「いつまで取っておきたいのか、お子さんとご自身に確認してみましょう」とお伝えしました。


お子さんが取っておきたいのならば、そして収納スペースに余裕があるのなら、お子さんの気の済むまで取っておきましょう。


お子さんは「もういらない」と言っているけれど、お母さんが取っておきたい場合。お子さんが夏休み中に頑張って仕上げたドリル帳ですもの。取っておきたいですよね。“想い出のモノ”として、子ども部屋ではなくてお母さんのスペースで取っておきましょう。




どんな目的で取っておきたいのかを明確にすることで、保管する場所も変わります。

お子さんにとっての想い出

ではなくて

お母さんにとっての想い出かつ捨てたくないモノ


なので、お母さんのスペースに収納しましょう。



どんなモノでも定位置を決めて「収納スペースに入る量だけを持つ」ようにすると、取っておくモノと処分するモノの判断も早くなりますよ✧


お子さんもお母さんもご家族の方も「夏休みドリル帳はもう使わない、取っておかなくてもいい」という場合は潔く処分しましょう。



お申し込み受付中
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
親・子の片づけインストラクター2級認定講座

2016/9/27(火)10:00〜16:00
@東京エレクトロンホール宮城
詳細はこちらから→
☆☆☆


全国の認定講座スケジュールはこちらから→
☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
整理収納 | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。