スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【バッグの定位置は床⁈】

2017/02/05 Sun 13:40

こんにちは。
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山崎真弓です。


私の部屋、帰宅した後のバッグが床に置きっぱなし。



先日 家具の配置替えをして、バッグの定位置も決めました。
(写真の↑が指している所)


しかし、その定位置に戻せたのは、一度だけ(ToT)


なぜ戻せないのか?

実際に生活してみて気付いたことは…


↓↓↓↓↓

動線上、戻しやすい場所のはずなのに、棚の最下段は置きにくいというか、箱の中には入れにくい。


バッグが重いから最下段を定位置にしたのに、そこに置く気にならない。


かといって、荷物が重くて持ち上げたくないので上段も棚の上もNG。


区切られた場所にバッグを収めるのが苦手。



バッグに関しては、フックにかける収納は面倒だし革が傷むのでイヤ。



帰宅したバッグはリビングでも自分の部屋でも使うので、収納の中にしまいこみたくない。


リビングと自分の部屋の中間地点の為、この写真の位置に置きやすい。




↑↑↑↑↑
というのが、今のところの状況。


このまま床に置きたいところですが、

床は埃が溜まりやすいし、モノを置いたことで埃の吹き溜まりを作ってしまうし、お掃除のたびに移動しなければならないし………、他に定位置みつけます。笑



子どものランドセルの定位置を決める時も、“収納グッズや家具ありき”ではなくて、“子どもが置きやすい”場所や理由を探してみることをオススメします。


ランドセルの定位置は6年間のうちに何度か変わります。


成長や環境の変化に伴い、置きやすい場所や好みも変わるのです。



親の価値観で決めた“シンプルでキレイでキチンと整頓できる収納”が、子どもに合っているとは限りません。


「定位置を決めたのに、ウチの子はどうして戻さないんだろう( ̄^ ̄)」


という疑問が出たら、実は改善のチャンスです。



理由を聞いてみましょう。





…私のバッグの定位置から、そんなことを考えさせられた日曜日の午後でした♪




親・子の片づけインストラクター入門講座のお知らせ







関連記事
スポンサーサイト
片づけ | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。